So-net無料ブログ作成
検索選択
京王電鉄 ブログトップ
前の10件 | -

昭和63年夏の動物園線 [京王電鉄]

まだ社名が京王帝都電鉄だった頃の動物園線。
行き先は高幡不動になっていますが、
撮影は多摩動物公園駅直前の場所かと思います。
keio.jpg

富士急行線で京王色復活以来、毎月数回撮影に出ていますが、
やっぱりこの頃の思い入れがあったから飽きないのかなあ。
nice!(24)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真打ち登場 [京王電鉄]

富士急行正月恒例のヘッドマーク付き列車。
ついに来ましたねえ、京王色での運行。
富士急行線のHPでも真打ち登場と謳っています。
京王電鉄提供の実物「迎光」ヘッドマークでの運転。
運転日は毎日撮影に行ってしまうかも。
京王帝都電鉄当時、迎光ヘッドマーク付きを撮っていないので
今回はかなり気合い入ります。

写真がないので、とりあえず京王帝都電鉄当時の5000系でも。
以前にもブログに載せていると思いますが、
昭和62(1987)年、多摩動物園線での撮影です。
shinuchi.jpg
nice!(22)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富士急行、京王カラー復活を前に [京王電鉄]

あと10日程で、富士急行の元京王5000系の1編成が、京王カラー復活です。
以前は豊田に住んでいて、京王線と言えば5000系、6000系の時代でした。
今日の写真は、昭和63(1988)年10月高幡不動検車区での5000系。
5722.jpg

この編成の先頭は、クハ5722です。
この車両、四国の高松琴平電鉄でいまも現役です。
琴電では、1100形1106号になっています。
ゆるキャラさんの10月14日のブログにその写真は紹介されています。
ビフォー・アフターを比較してみるのも面白いかと思います。
nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

多摩川鉄橋を渡る5000系 [京王電鉄]

今週は仕事が忙しく、今日は日が変わってからの帰宅でした。
平日の更新をどうしようか迷ったけど、
スキャンした画像があったので、取り急ぎ1枚載せます。
撮影年月を書いたメモがどこかにいってしまいましたが、
確か5000系の本線運用が終わる頃の撮影かと思います。
季節は河原の枯れ草からみて今頃の季節でしょうね。
keio.jpg
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京王電鉄 動物園線 [京王電鉄]

今回写真がかなり多いです。ご了承ください。
今日5日は、ブログ仲間のsonicさんの個展に伺います。
会場の画廊があるのは神保町。京王線経由になるので、6000系は逃せません。
少し早めに出発して、ちょっと動物園線の下見をしていきます。
数年前に某タクシー会社で、高幡不動駅担当で乗務していたので、
今回の撮影は懐かしい気持ちもだいぶありました。
入る路地ひとつひとつに、いろいろと思い出がよみがえってきます。

さて、下見はモノレールを利用して上から見ていきました。
多摩動物園駅に着くと6000系がすでに入線していました。
動物園がまだ開園前なので、駅前はひっそりとしています。
5_2.jpg

ホームにはすでに撮影者の姿がだいぶ見えたので、駅外から次の列車をねらいます。
動物園線の表示を入れて撮影。
5_3.jpg

徒歩で程久保駅に行き、モノレールの駅から俯瞰します。
多摩都市モノレールの駅には、6000系撮影者への案内があり、
撮影は認められています。
5_4.jpg

モノレールも撮影しておきます。
今度はこちらを追いかけてみるのも面白そうです。
5_5.jpg

モノレールの高幡不動駅から、駅に進入する6000系を撮影。
5_6.jpg

こちらは駅外の通路から。このすぐ下の踏切もお手軽撮影地です。
またこの奥の川崎街道付近の山からの撮影も有名ですが、
今日はそちらには行きませんでした。
5_7.jpg

ここで、だいぶ道草してしまったので、急ぎ神保町に向かいます。
sonicさんにお会いするのは昨年の個展以来です。
また、今回はLionbassさんともお会いすることができました。
こういったブログつながりのおかげで絵画を鑑賞する機会にも恵まれ
撮影においても参考になり、刺激にもなります。
こちらは会場の檜画廊です。
5_1.jpg

個展鑑賞後、近くの書泉に寄り道。
そしてまた6000系撮影に向かいます。
神保町で待っていると、来た列車は橋本行き。
せっかくなので、若葉台に寄っていきます。
すでに廃車回送された6000系は、ナンバー、クーラー、パンタグラフも外され
もう後は解体を待つだけのようです。
こちらにも名残を惜しむ撮影者が来ていました。
5_8.jpg

新旧塗装の並びは、金網の上に手を伸ばして撮影。
5_9.jpg

多摩センター経由でモノレールに乗り、またまた多摩動物公園駅を目指します。
6000系はたった一区間の折り返し運用なので、何度も撮影できます。
5_10.jpg

モノレールと一緒に撮影することもできました。
5_11.jpg

今度は程久保駅に向かいます。
モノレール車内からも撮影。
5_12.jpg

駅を出てすぐ、先ほどの列車を待って撮影。
5_13.jpg

ちょっと住宅地を抜けると、高幡台団地への坂道に出ます。
この辺はあちこちの路地をタクシー乗務時代に走っているので、
そこそこ土地勘があります。
5_14.jpg

再び先ほどの場所に戻り、モノレールと絡めて撮影。
モノレールの軌道のぐにゃぐにゃ感が面白いかなと
モノレールが来ることを祈りながら撮影しましたが、
モノレールの時刻表は持っていかなかったので、タイミングが難しい。
5_15.jpg

5_16.jpg

夕方近くの光線状態がこの辺りで撮影するのには良さそうです。
5_17.jpg

まだ日もあるので、ちょっと俯瞰ポイントに向かいます。
程久保駅から歩いてもそれほどかかりません。
斜面に住宅の多い高幡不動周辺は、けっこうタクシーのご利用客も多かったです。
ここでも、ちょっとモノレールとのタイミングが合いませんでしたが、
一応、端に写りました。この後の撮影があるので、ここで長居はできません。
5_18.jpg

動物園線の多摩動物公園駅に向かい、ホーム端で撮影。
すでにこの頃には撮影者も先客一名のみでした。
5_19.jpg

夕陽がもうじき山に隠れそうです。
ヘッドマークは写メ撮って鉄道ファンではない友人に見せたら、
遺影みたいと言われてしまいました(笑)
5_20.jpg

6000系に乗って高幡不動駅に行き、さらにモノレールに乗り向かったのは
多摩川にかかる立日橋。今度は89レの撮影です。
日が伸びたとは言え、もう日没です。
この写真を撮ったのは16:58です。
夕陽に見とれていたら、EF65の単回を撮影し損ないました。
5_21.jpg

89レが通過する時はもうだいぶ暗くなっていましたが、
夕陽の余韻でなんとか撮影はできました。
しかし、空コキばかりで様になりません。
今日も相模湖駅なら後ろの原色がきれいに撮れましたね。
5_22.jpg

当初はこれで帰る予定でしたが、明日は休みだし、
まだ撮影していこうということで再びモノレールで多摩動物公園駅に向かいます。
201系撮影で夜景の魅力にとりつかれてしまったせいもありますね。
夜の多摩動物公園駅はなかなかいい感じ。
5_23.jpg

ホームもなかなかレトロな雰囲気が残っています。
こちらは駅外からの撮影です。
5_24.jpg

さらに次の列車が戻ってくるのを待ち、今度は駅内から撮影。
5_25.jpg

最後は高幡不動駅で撮影し、本日の撮影終了です。
5_26.jpg

ここまでご覧いただきありがとうございます。
これで、6000系撮影も思い残すことはないかな。

地元四方津駅に降り立った時は、ひんやりとした空気に包まれました。
夜になって冷えてきたとはいえ、やっぱり寒さが違いますね。
おまけに空気もおいしく感じました。
そういえば、今日はsonicさんの個展でもらったお菓子以外
朝から全く食事をしていませんでした。数本飲んだ缶コーヒーが今日の食事となりました。
明日はのんびりしよう。
タグ:6000系 EF64
nice!(31)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さよならへのカウントダウン [京王電鉄]

いよいよ京王線の6000系も、多摩動物園線だけになってしまいましたね。
競馬場線の運用は平日だけだったので、撮りに行けず
気がつけば運用離脱して、車両も廃車回送されてしまいました。

5000系はそこそこ撮影していたのですが、6000系はあまり撮影していませんでした。
今回の写真は、昭和62(1897)年、平山城址公園〜長沼間で撮影した6000系です。
6000.jpg

さよならイベントは、2/27の多摩動物園駅での展示だけになるのかな?
nice!(31)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅雨明け [京王電鉄]

世間では三連休開始の今日、自分は出勤でした。
梅雨も明け夏本番ですが、不景気なので気分は晴れないなあ。
民主党大敗で、いい方に変わってくれると嬉しいものです。
川崎の溝ノ口にある本社から上野原工場へ営業さんが向かったのは朝8時半。
上野原に着いたのは14時でした。今日はかなりの渋滞だったんですね。
仕事で今日は撮影していないので、昔の写真から1枚。

昭和62(1897)年夏の京王帝都電鉄平山城址公園駅付近です。
この付近での写真は以前も紹介していますね。
ほんとのどかな風景が広がっていたなあ。
keio87.jpg

さらに昔の京王線の写真は、Cedarさんのブログに紹介されています。
すごいのどかですよ。
タグ:5000系
nice!(20)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京王帝都電鉄の事業用車 [京王電鉄]

残業続きでちょっと更新が遅くなりました。
昨夜は201系H7編成が山線運用に入ったのに残業で撮れず。
まだシールが付いてからH7編成撮れません。

さて、今日は京王線の事業用車を紹介します。
現在は6000系が元車のデワ600形、その前は5000系からの改造車でした。
今回の写真はさらにその前の時代になります。
撮影は昭和60(1985)年2月、高幡不動検車区の敷地外からです。

まずはデニ200形(デニ201)です。
元々は荷物車ですが、昔は京王線にも荷物扱いがあったのかな?
そして、連結されているのは、デワ220形(デワ221)で、2700系の残党でした。
k1.jpg

こちらは、デト210形(デト212)で、チキやホキを連結し保線作業に従事していました。
k2.jpg

そして連結されていたチキ270形(チキ271)です。
普通のレール運搬貨車ですが、その台枠と台車は元玉南電気鉄道車両の
デハ2001からの流用で、台車は雨宮製です。
k3.jpg

2枚目と3枚目の写真は都道503号線がアンダーパスになる前、
踏切だった頃にその付近から撮影しましたが、高い建物が写ってませんね。
写っている車もフェンダーミラー。
いまはモノレールが頭上を通り、道も広くなり、建物もたくさん建ちました。

追記
さよなら201系キャンペーンの記事がJR東日本八王子支社のHPに出ていました。
いよいよ来るべき時がきましたね。
nice!(25)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6000系8両編成の引退を前に [京王電鉄]

このところ残業続きで皆様のブログへの訪問が遅れています。
忙しいことはいいことなのですが、面倒な仕事ばかりが増えました。

さて、いきなり秋の写真ですみません。
場所は南平〜平山城址公園間で、昭和56か57年秋の撮影です。
いよいよ2月22日付けで京王線から6000系の8両編成が姿を消します。
今週末は、「高尾」HMを付けて運転されます。
この場所もいまはこんなのどかな風景は撮れないのかな?
takao1.jpg

京王電鉄のHPを見ると、この「高尾」HMとは違っていました。
takao4.jpg

この頃の社名はまだ京王帝都電鉄でしたね。
5000系もばりばり現役です。
takao2.jpg

残念ながら土曜は出勤。日曜はどこで撮ろうかなあ。
富士急行の「河口湖映画祭」HM付列車も撮りたいところです。

追記
6000系のHM付運行が中止となりました。
先日の高幡不動車両基地内での支障の影響により
現在も車両運用に支障が発生しているようですね。
廃車が先送りになったのは、正直なところ嬉しいです。
dangomushiさん、情報ありがとうございます。
タグ:5000系 6000系
nice!(24)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京王5000系 [京王電鉄]

前回富士急行のリバイバルカラーの列車を紹介しましたが、
リバイバルカラーといっても車両は元京王車。
今回は京王線を走る5000系です。
撮影は昭和62(1987)年の4月だと思います。
高尾山口〜高尾間は単線で緑の中を行く京王線がきれいに撮れる場所です。
写真はモノクロですが、たぶんカラーだと新緑がきれいだったでしょう。
いまもこの場所で撮れるのかなあ?
写真ではわかりにくいですが、この編成は全車非冷房で屋根上がすっきりしています。
5000.jpg

6000系も撮影しています。
自分はこの頃の塗装の方が好きです。
6000.jpg


タグ:5000系 6000系
nice!(26)  コメント(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 京王電鉄 ブログトップ