So-net無料ブログ作成
路面電車 ブログトップ
前の10件 | -

昭和56年の荒川線 [路面電車]

近々荒川線から黄色の車両が引退するそうですね。
以前から撮りたいなと思いつつ、ずっとご無沙汰しているうちに引退とは。
荒川線を最後に撮影に行ったのはいつだろう。
この写真はたぶん初めて撮影に行った時のもの。
昭和56年の荒川車庫です。
丸っこい車両、三角屋根の車庫、
都内を縦横無尽に走りまわっていた頃の面影がまだ残る時代でした。
toden2.jpg
nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昭和58年夏、豊橋鉄道市内線(東田本線) [路面電車]

昭和58年、高校2年の夏休み、友人と夜行の国鉄バスドリーム号で向かった先は名古屋。
そして、名古屋ではそれぞれが目的の場所へと各個に行動開始。
夕方には岐阜のビジネスホテルにチェックインするので岐阜で待ち合わせ。
そんな泊まりがけの撮影旅行、自分は岐阜、豊橋の路面電車を撮りに行きました。
岐阜は以前にブログで紹介したことがあるかと思いますので、
今回は豊橋鉄道市内線(東田本線)を紹介したいと思います。
停留場名、区間名は当時のものに準じます。

まずは駅前〜新川間を行くモ3302。
元北陸鉄道金沢市内線2300形です。この路線では珍しくパンタグラフ。
車両周りを見ると、ノーヘルのバイクが2台。
この当時はまだ義務化されていない時かな?
1.jpg

頑丈なコンクリートで守られた安全地帯。
新川停留場のモ3101。元名古屋市電1400形です。
2.jpg

こちらは札木停留場にて立って列車を撮影。
路面電車と言えば、路盤の敷石ですね。
入ってくるのはモ3109。こちらも元名古屋市電1400形です。
3.jpg

上の写真を撮った後、多分赤岩口まで乗車してきたのでしょう。
フィルムではここ赤岩口車庫の写真が写っていました。
車両は左から、モ3203、モ3301、モ3702、モ3801と全て形式が違います。
4.jpg

車庫に最寄りの赤岩口停留場。
一枚目の写真に登場したモ3302です。
車両を見ればクーラーは無く、窓が開いてます。
おじさんも暑そう。
5.jpg

再び赤岩口車庫。
写真のモ3702は元名古屋市電1200形。
「私は日本最初の半鋼製低床ボギー車です」と書かれているように、かなりの古豪。
昭和2年日本車輌製で、この時はまだ現役でしたが、運転日は休日に限られていたようです。
その後はレトロ電車として活躍もしたようですが、現在は引退。
6.jpg

側線の2両、左はモ3801で、元名古屋市電900形。
右はモ3704で上の写真と同じ元名古屋市電1200形ですが、すでに廃車のようです。
7.jpg

車庫での撮影を終え、続いては競輪場前停留場に隣接する留置線にてモ3104。
ここは市内線の営業所があります。
8.jpg

レトロな豊橋市公会堂をバックにモ3106が通過していきます。
この時は、前の車邪魔だなあなんてきっと思ったことでしょう。
いまは逆にこの車でレトロ感が増したかなと。
9.jpg

歩道橋からの撮影でしょうか。
3両の路面電車が写っています。
手前は市役所前停留場、その奥が体育館前停留場です。
一緒に写っている車も、時代を感じます。
10.jpg

札木〜市役所前のカーブを行く、モ3201。
こちらは元名古屋鉄道美濃町線のモ580形です。
これで、この当時走っていた全形式を撮れたかと思います。
写真右端にはヤマト運輸の車が写っています。
車両は当然古いですが、この当時からこういった宅配便タイプの車だったのですね。
11.jpg

そしてラスト、札木〜市役所前のカーブで離合するモ3108とモ3103。
12.jpg

路面電車の日 [路面電車]

今日は語呂合わせで「路面電車の日」なんですね。
この日と前後した休日には各地の路面電車でイベントなども行われているようです。
自分はというと、いまは中央本線、富士急行線はりつきでほとんど他路線への遠征が皆無です。
そんなわけで昔の写真を探していたら、ちょうど6月に撮った写真があったので紹介します。
撮影は平成11年6月の土佐電気鉄道伊野線伊野での一コマ。
toden.jpg

ネットで調べてみたら、いまはとさでん交通伊野線と言うのですね。
おまけにこの駅や近くにあった車庫もなくなったとか。
もうこの時から16年ですからね。
nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夜の街へ [路面電車]

撮影は平成2(1990)年とずいぶん前です。
北海道出張の折り、夜の札幌へ繰り出すところ。
なんてことは自分はまあないのですが、
夜の札幌でこの一枚だけ鉄道を撮影していました。
車両は210形211号。
sapporo.jpg
nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

兵どもが夢の跡 [路面電車]

昭和62(1987)年、東京都五日市町(当時)の町外れにひっそりとたたずむ6000形。
東京都を縦横無尽に走り回っていた東京都電も、荒川線を残してすでになく、
車両もほとんどが消えてしまった。

個人で保存されていたのだろうこの2両。
右側の車両は写真から番号が読み取れ、6000形6267号。
撮影時からもう20数年が経ち、すでにこの世にはないと思われる。
toden.jpg
nice!(29)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冬を前に [路面電車]

もう北海道や東北では雪が降ったところもありますが、
今回は冬を迎える前、10月の北海道での撮影です。
平成6(1994)年10月、以前の会社の社員旅行で行った小樽、札幌。
小樽の写真は以前ブログに載せましたので、今回は札幌編。
ホテルをチェックアウトする前の朝、ちょっと外出して札幌市電を撮影。
東本願寺前付近を走る210形211。昭和33年製です。
丸っこい車体が路面電車らしくていいですね。塗装もいい。
s1.jpg

変わった塗装の330形331も昭和33年製。
窓下ヘッドライトの2灯化がされていない形式。
札幌市とドイツ・ミュンヘン市の姉妹都市締結20周年記念塗装車で
ミュンヘン市電の塗装です。
s2.jpg

山鼻9条電停横を抜ける220形221は昭和34年製。
正面の旗には、火の用心と書かれています。
この塗装も、いまよりはずっといいですね。
s3.jpg

東屯田通電停での乗降風景。
240形241は昭和35年製で、まだライト他の改修前で、
ステンレスのかざり帯も残っています。
s4.jpg

こちらも240形ですが242で、改修完了してる車体です。
バックの紅葉が始まっている山は藻岩山。
藻岩山ロープウェーの支柱も見えます。
s6.jpg

こちらは250形252で昭和36年製。
製造年で形式を変えているのですね。
s5.jpg

まだ10月ですが、北国の冬は早い。
車庫では、除雪車の点検が行われていました。
雪1形4で、ささら電車という名前が有名ですね。
s7.jpg

おまけ
JR東日本八王子支社のHPに
四方津駅開業100周年記念イベントの告知が出ました。
車両等の展示はないですが、とりあえずネタ的にはおさえておこうかな。

最近また、ソネブロ重くなりますね。
nice!(28)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

通天閣からの眺め [路面電車]

仕事のストレスたまりまくりです。
新人が入ってから一日も怒らない日がない。
あ〜、胃が痛い。
そして、ブログを書いている最中にSafariが落ちてまた書き直し。

昭和58(1983)年11月、修学旅行の班行動で行った大阪。
当時の記憶はだいぶ薄れているのですが、
写真を見ると鉄道ネタばかり。
その中から、今日も路面電車ネタです。

まずは通天閣。いまも日立の文字はあるのかな?
o_1.jpg

展望台にあがって撮影開始です。
でも、周りの風景は全く撮ってなくて、
写っているのはみんな阪堺電気軌道の写真でした。
ネガの痛みや、展望台のガラスの写り込みがあります。

雲塗装のモ501形。右の駅が恵美須町です。
街路樹は柳ですね。上野原では見かけないなあ。
o_2.jpg

こちらの車両は古そうですね。
元大阪市電1600形のモ121形。下に降りて撮りたかった。
o_3.jpg

こちらの雲塗装はモ161形。
いまも通天閣から線路は見えるのでしょうか?
o_4.jpg

これはどこだったか忘れたのですが、確か保育園だったと思います。
モ205形237号。
阪堺電気軌道の前身、南海電気鉄道の平野線が廃止になった時、
ともに廃車になった車両です。
o_5.jpg

南海電気鉄道から阪堺電気軌道になったのは、
昭和55(1980)年なので、撮影時はまだきれいでした。
いまはもうなくなっているでしょうね。
o_6.jpg

こちらはおまけのバス写真。
でも、撮影したかったのはバスではなく路面の方。
斜めに真っ直ぐ2本並んでいるのは扉のレールですが、
石畳とともに緩くカーブしながらのぞいているレールが気になります。
ここはかつて、路面電車の車庫だったのではないかと思います。
今となってはどこで撮影したのか記憶がありません。
o_7.jpg
nice!(35)  コメント(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

都電荒川線、黄色の時代 [路面電車]

今日は用事で撮影に行ってません。
紅葉を撮っておきたかったのですが、また来年です。
今回は路面電車ネタで行きたいと思います。

昭和57(1982)年11月3日、まだ都電荒川線が黄色だった時代です。
自分は、都電と言っても荒川線しか知りません。
もっと早く生まれていたら、撮影にまわっていたことでしょう。
この日は祝日なので、車両には日章旗が付いています。

まずは国鉄との接続駅、山手線大塚駅からスタートです。
山手線もうぐいす色の103系です。
ara1.jpg

どこの停留場だったかな?
信号待ちの7000形2両、まるで連結されているみたいです。
ara2.jpg

こちらもどこだったか忘れてしまいました。
踏切には、遮断機の棒がありませんね。
路面電車が走る踏切に蒸気機関車の旧標識。
ara3.jpg

飛鳥山〜王子駅前の併用軌道を行く7500形。
横の車も懐かしいものばかり。
ara4.jpg

こちらはまだ新幹線の走る前の王子駅前停留場。
工事は始まっているようで、仮駅みたいですね。
ara5.jpg

こちらは小台〜宮ノ前間の併用軌道。
まだ昔ながらの家並みが残っている区間でしたが、
いまはどう変わっているのでしょう?
併用軌道はすでに解消されているようですね。
ara6.jpg

宮ノ前停留場での乗降風景。
ara7.jpg

宮ノ前停留場の目の前は、八幡神社です。
ara8.jpg

このお店はいまも残っているのかなあ。
後ろの塔は、尾久消防署です。
ara8_1.jpg

宮ノ前〜熊野前から、尾久消防署方面を望んでいます。
昭和37年製の7500形、後年車体更新され昔ながらの路面電車らしい形は
もう過去のものとなってしまったようですね。
ara9.jpg

再び、飛鳥山〜王子駅前に戻ってきました。
国鉄線を、荷物列車が通過しています。
この頃はあまり国鉄線に興味がなかった時代で、
牽引機を確認していませんでした。
ara10.jpg

京浜東北線はスカイブルーの103系。
この頃に戻って鉄道趣味人生、やり直したいなあ。
ara11.jpg
nice!(37)  コメント(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

徹明町交差点1983 [路面電車]

こんばんは。
仙石官房長官曰く、元暴力装置隊員のしおつです。
自衛隊を税金泥棒扱いする方々はいますが、
時の官房長官が暴力装置呼ばわりしますかねえ。
本音が出ちゃったんでしょうね(苦笑)
政治のお話しは、自分の好きな釣られクマさんのブログにゆずって本題です。

ダイヤ情報最新号のフォトコンテストのテーマが「路面電車」だったので、
便乗してこれからしばらく、平日更新分のブログは路面電車ネタでいこうかな。
フォトコンテストの入賞写真にはなかった構図ということで俯瞰。
昭和58(1983)年夏に撮影した名鉄岐阜市内線の徹明町交差点付近です。
奥が岐阜駅方面になります。デパートの屋上からの撮影だったかな?
ちょっと金網がうっすらと写り込んでいます。
急行のモ510形+モ520形が交差点を曲がっていきます。
写真手前がモ520形で大正12年製の車両です。
gifu1.jpg

少し広めに写した写真です。
市内線全廃時にはすでに廃止されていた、長良北町からの路線が健在です。
交差点手前の路線がそれです。
gifu2.jpg

再び交差点付近をアップで撮影。
モ570形が並び、その前後がモ550形です。
ずっと奥には一枚目の写真の急行が岐阜駅方面に向かっています。
gifu3.jpg

すぐ下を走るモ550形を撮影。
モ550形は元北陸鉄道金沢市内線モハ2000形です。
路面電車もいいですが、路線バスもこの頃の方が味がありましたね。
gifu4.jpg

今回の写真は、高校生の時に撮影したものです。
他にもいろいろ撮影していますが夏の写真なので、
また来年の夏に紹介したいと思います。
これからは、秋〜冬に撮影した、その他の路面電車を紹介できればと思います。
nice!(35)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長崎原爆の日 [路面電車]

今日は、長崎原爆の日です。
先に投下された広島の方に話題を持っていかれてしまいがちですが、
長崎原爆の日も、日本人が忘れてはいけない日だと思います。
前回ブログで紹介した、広島の路面電車を撮影した翌日に
こちらの撮影をしたように記憶しています。
長崎ではあまり時間がなく、数カットしか撮影していません。

長崎駅前にて、平成2(1990)年8月に撮影しました。
300形304号は、昭和28年日立製作所製です。
naga1.jpg

この時、長崎に行ったのは、
旅博に関連して運転されたSL旅博号の撮影が目的でした。
長崎電気軌道では、旅博の装飾車が走っていました。
こちらは200形202号で、昭和25年日本車輌製です。
naga2.jpg

前の10件 | - 路面電車 ブログトップ